激務の代表格 仕事によって激務のタイプはそれぞれ

内容を知ってから仕事を選ぶ

世の中にはしばしば激務と言われる仕事があり、それを到底自分ではやっていけないだろうと考えて諦めてしまう人も稀ではありません。医師や看護師などの医療関係者、保育士や小学校教員などの教育関係者、システムエンジニアやプログラマーなどのIT関係者はその典型的なものとして知られています。しかし、仕事が忙しくなるというのはどこの業界でどういった形で勤めても同じであり、その程度や質が他と異なるために激務という枠組みに入れられることになってしまっているというのが事実です。もしその他と異なるという点が自分にとってそれほど負担に感じられないことであれば自分にとって大変ではない仕事になる可能性があります。そういった視点を持って仕事選びをするということは大切でしょう。
例えば、医師や看護師として働く際には夜勤があることがマイナス面として取り上げられます。しかし、もともと夜型の生活が得意であるという人であれば、そもそも日勤をとらずに夜勤専従で働いてしまえば他の人よりもより高い給料で働いていくことができるでしょう。一方、公立小学校の教師は授業の準備などが定時にできずに無給の時間外労働となることが多々あります。しかし、それが趣味だと思っている人であれば苦痛になることはないため、到底激務とは程遠い状況になると思います。こういった個人による視点の違いによって仕事内容も厳しいと感じるかどうかは異なるため、実際のことをよく知るということが大切になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です